復活

    DALIhtqUAAEpheA

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2017/11/08(水) 10:54:27.63 ID:BmQ15pNX0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
     日本で初めて生まれたハンバーガーチェーンはどこ? 「マクドナルドでしょ」「いや、モスバーガーでは」と答える人が多いかも
    しれないが、答えは「ドムドムハンバーガー」。日本マクドナルドが1971年に1号店をオープンする前年に、東京の町田市に誕生したのだ。

     40代以上の人であれば「懐かしいなあ。高校生のとき、学校の帰りに食べていたよ」と青春時代を思い出されるかもしれないが、
    10~20代は違う。若い人たちに聞いたところ「行ったことがない」「食べたことがない」「聞いたこともない」といった反応が多かったので、
    簡単にご説明する。

     ダイエーの創業者、中内功さんがドムドムハンバーガーを設立。当時は「ハンバーガーってなに?」「日本人がそんなモノを食べる
    わけがないでしょ」といった声が多かったなかで、ダイエーやマルエツなどの店内を中心に店舗を増やし、90年代半ばには約400店を
    構える。ただ、その後は一部の店の看板をウェンディーズに変えたり、ダイエーの経営不振だったり、さまざまな要因で店舗数は
    減少していく。

     2017年3月末、店舗数は54店。細々と営業を続けてきたわけだが、ホテル事業を手掛けるレンブラントホールディングスが事業を
    譲り受けることに。ダイエーグループは47年間続けてきたハンバーガー事業から撤退し、7月に新生「ドムドムハンバーガー」(36店)が
    誕生したのだ。

     出足は好調のようで、店舗数が減少しているのにもかかわらず、売り上げは対前年比1割増で推移している。ドムドムフードサービスの
    佐々真司社長に、その要因を聞いたところ「若いお客さんが増えてきたから」だという。前述したように「若い人はドムドムを知らない」
    状況なのに、どのような手を打ってきたのか。また、これからは「会社が失ってきたモノを取り戻していきたい」というが、
    どういう意味なのか。話を聞いた。

    続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000026-zdn_mkt-bus_all

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1510106067/ 【ドムドムバーガーは本当に復活できるのか? 若い客が増えて売上増加 】の続きを読む

    このページのトップヘ